森口瑤子、56歳に見えないと相棒出演で話題に!夫はなんと”東京ラブストーリー”の…「本当に美しい」「旦那さん意外な人」
2023/11/16

大人気ドラマ『相棒season21』で活躍中の女優・森口瑤子が、自身のSNSを16日までに更新しました。彼女の56歳とは思えない若々しい姿が話題になっています。森口は「昨日『しゃべくり7』に少しだけ出演させていただきました♡楽しかった〜」と書き、笑顔の写真を公開しました。また、ネット上では瑤子さんと脚本家の坂元裕二氏の間に長女がいることが明らかとなり、「意外」と驚きの声が上がっています。番組終了後、たくさんの絶賛コメントがネット上に殺到しました。「本当に美しい」「瑤子さん素敵綺麗」「いつも可愛い」「凄く美しい」といったコメントが寄せられています。森口瑤子は、日本で活動する女優であり、1966年8月5日に東京都で生まれました。松竹エンタテインメントに所属し、1983年には「ミス映画コンテスト」でミス松竹に選ばれ、1984年に映画『男はつらいよ・口笛を吹く寅次郎』で芸名を「灘陽子」としてデビューしました。その後、現在の芸名に改名し、テレビ番組やドラマ、映画などに多数出演しています。彼女は1998年に坂元裕二氏と結婚しました。

AD