大谷翔平の“ベーブ・ルース以来104年ぶりの偉業”はアメリカで実際どう報じられたのか?「大谷なら、確実に達成する。何も驚くことはない」【大谷翔平MVPーBEST SELECTION】
2023/11/20

2022年シーズン終盤、エンゼルスは地区優勝争いから脱落し、トレード・デッドラインまでにシンダーガード、イグレシアス、マーシュを放出した。しかし、大谷は様々な記録や偉業を達成し続けた。8月3日のアスレチックス戦では5回2/3を投げ7奪三振、3失点で連敗が3試合中1得点の援護点しかない中も投球は責められないものであった。その後、大谷は二桁勝利と二桁本塁打を達成し、ルース以来の記録となった。アメリカ国内ではあまり驚きはなかったが、日本では多くのメディアが大谷の記録を報道し、熱狂的な反応を見せた。

AD