中村勘三郎さんの奥様が着ていた白の喪服の意味…美しき日本の風習が....
2023/11/14

中村勘三郎さんの妻が着ていた白い喪服の意味について、美しい日本の風習が話題になっています。一般的に、日本の喪服は和装で黒紋付き、洋装で黒がフォーマルなものとされています。しかし、実は日本には白い喪服があり、昔から使われてきました。明治時代には欧米化に習い、黒の喪服が主流となっていったため、白い喪服は地域的に残るにとどまっています。中村勘三郎さんの妻が着用した白い喪服には、「貞女ニ夫にまみえず」という意味が込められており、一生夫のみを愛して生きますという強い決意を示しています。また、白は決して他者に染まらないという意味もあります。喪服にまつわる諸説もありますが、残された愛情を示す重要な身なりであることに変わりはありません。

AD