松井秀喜の母校・星陵、32年ぶりの秋の大会優勝を父子2代監督で達成
2023/12/04

11月20日に行われた明治神宮野球大会の高校の部決勝で、石川県の星稜高校が栃木県の作新学院に勝利し、32年ぶりの日本一となった。今回の注目は、監督を務めた山下智将氏が父である山下智茂氏とともに日本一に輝いたことであり、父子での監督就任と全国制覇は初めてのケースである。智将氏は選手主体のチームづくりを行い、選手たちの努力や個々の貢献を引き出し、栄光を勝ち取った。同校野球部OBである松井秀喜氏もこの快挙に驚いているであろう。

AD