7500人の社員を1000人に減らし、批判的な人物のアカウントを停止…イーロン・マスクの“失敗”の責任を押しつけられたのは誰?
2023/11/13

アメリカでは、イーロン・マスクがツイッター社のCEOとして失敗し続けた後、リンダ・ヤッカリーノ氏が新しいCEOに就任することが発表された。しかし、ツイッターの運営は問題だらけで、失敗や批判が絶えなかった。イーロンはデマや陰謀論の拡散を許し、批判的なジャーナリストを停止させた。さらに、有料サービス「ツイッターブルー」も信頼性の問題を抱えていた。ツイッターの広告クライアントも半数以上が広告を止め、イーロンは自身の辞任をツイッターユーザーに投票させるほどの批判を浴びた。そして、リンダ氏が次期CEOに選ばれ、「ガラスの崖」と評される中でツイッターを立て直すことが期待されている。

AD