敗北した韓国テニス選手、腹いせで取った最低すぎる行動に「想像の10倍ヤバい」
2023/11/21

2022年の杭州アジア大会に参加した韓国のテニス選手、クォン・スンウ(26)が、敗北後に物議を醸す行動を取り、ネット上で議論が巻き起こっています。試合終了間際、相手から放たれたボールを返そうとするも、ネットに引っかかってしまい、ゲームセットとなってしまったのです。さらに驚きの光景が続き、彼は何度もラケットを叩きつけました。このスポーツマンらしくない行為に対し、世間からは大きな批判が集まっています。韓国はK-POPや料理などで素晴らしい評価を受けていますが、このような行為のせいで国としてのイメージが傷つくこともあるのかもしれません。日本には「短気は損気」ということわざがあります。自分の馬鹿げた行動で自分の評価を下げるのは勿体ないですね。日本の文化には道具を大切にする心があります。野球選手の新庄剛志さんは、初任給で買ったグローブを引退まで17年間大事に使い続けた名選手です。日本の文化を理解するのは難しいかもしれませんが、スポーツは清々しいものであってほしいです。道具を大切にしましょう、そしてスポーツマンらしく振る舞いましょう。

AD