「氷風呂」と「千切りキャベツ」で糖尿病に苦しむアントニオ猪木の闘病記【著名人の壮絶な闘病19】
2023/11/27

元プロレスラーで参院議員のアントニオ猪木さんが、厚生労働省指定の難病「全身性アミロイドーシス」と闘いながら、心不全により2022年10月1日に亡くなりました。猪木さんは病名を公表してからも闘病を続け、最後の生出演では車椅子で登場しましたが、その姿勢からも強い精神力が感じられました。猪木さんはこの病気に加えて、以前にも糖尿病との闘いを経験しており、その過程で不屈の精神を示しました。

AD