事故で妊娠中の妻が他界。俺「加害者を殴ってやる!一生憎んでやる!」→しかし、妻の葬儀に現れた加害者を見て・・・
2023/10/06

彼女が妊娠している間に、乗っていたタクシーが居眠り運転のトラックと衝突し、彼女は即死した。最初は冗談だと思っていたが、現実として受け入れることができなかった。彼女の葬儀の後、運転手の父親と婚約者が訪ねてきた。父親は謝罪し、息子には生きていくことを許してほしいと土下座した。運転手は無理な労働をして治療費を稼いでいたようで、彼女も入院費を稼ぐために働いていた。私は怒りをぶつけようと思ったが、彼らも苦しんでいることを考えると、彼に生きることを願う言葉をかけた。葬儀には運転手も参列し、私は彼に罵詈雑言を浴びせたかったが、彼も苦しみを背負っている人間だと思った。家族とともに生きてほしいと願った。息子の前で彼女の思い出を語りながら涙が止まらなかった。彼の手紙や婚約者からの金を受け取り、彼が出所したら通帳を渡して生きていく励ましを伝えるつもりだ。私たちも家族を失った事実を背負って生きていく。私は父親として、強い男として生きる姿を息子に見せたい。

AD