清宮幸太郎(24歳)“野球よりラグビー”だった速くてデカい少年時代「強すぎて仲間が辞めちゃった」「味方にタックルしてトライ」は本当?(佐藤春佳)
2023/09/28

もしパラレルワールドが存在するなら、2023年のラグビーワールドカップで清宮幸太郎がトゥールーズのピッチを疾走しているかもしれません。彼は身長184cm、体重94kgの恵まれた体格を持つ「サラブレッド」と呼ばれる存在でした。幼少期から清宮はラグビーに夢中で、家の中でボールをキックしたり、父親がポール役を務めて蹴る練習をしていたそうです。彼がラグビー選手になっていたら、どんな選手になっていたのでしょうか。詳細は次ページへ。

AD