北の湖こと玉ノ井慶昭が語る「頑張れと言われたときはガクッときた」〜トップアスリートの心に響く言葉『日本スポーツ名言録』- 第77回
2023/11/20

横綱・北の湖は現役時代、強さを持ちながらも悪役的な扱いを受けていました。引退後は日本相撲協会の理事長として多くの改革を成し遂げました。北の湖のデビューは13歳7カ月であり、現在では中学在学中の入門が禁止されているため、この記録は破られることはないでしょう。彼は18歳7カ月で新入幕し、21歳2カ月で横綱に昇進しました。彼の強さにもかかわらず、土俵上の振る舞いや貴ノ花とのライバル関係から人気は今一つでした。しかし、彼の強さが人気を導いた時もありました。

AD