蝶野正洋『黒の履歴書』〜Rethinking Japan's Low Labor Productivity
2023/11/20

IMFの予測によると、2023年に日本の名目GDPが下落し、世界第4位になると言われている。日本の生産性の低さや労働時間に対する考え方の影響が原因とされており、ドイツとの力関係も変化していると述べられている。しかし、将来的には若い労働者の影響で経済の成長が期待されるとも述べられている。

AD