大谷翔平、SNS更新「リハビリから頑張り続ける」 歴史的シーズン終了への感謝
2023/10/11

大谷翔平投手の所属するエンゼルスは1日、今シーズンの全日程を終了しました。大谷はリーグ最多の44本塁打を放ち、日本人初の本塁打王を獲得しました。試合後にはインスタグラムを更新し、「レギュラーシーズン応援ありがとうございました」とファンに感謝の気持ちを伝えました。 今シーズンは打者として135試合に出場し、リーグ4位の打率.304、95打点、20盗塁を記録しました。打率3割は6年目で初めての到達でした。 8月23日に右肘の内側側副靱帯の損傷が発覚し、9月19日に手術を受けました。最後の2試合では右肘にギプスを装着して球場に姿を見せました。来シーズンは打者に専念し、二刀流復帰は2025年シーズンになる予定です。大谷は「また来年に向けてまずは打者としてリハビリから頑張っていきます。来シーズンまた皆さんにお会いできることを楽しみにしています!」とコメントしました。 投稿には本塁打を打つ喜びの写真や投球時、球宴に出場した際の写真が添付されていました。大谷は今オフにはフリーエージェント(FA)になり、5億ドル超の大型契約が予想されています。

AD