メガネは1万円以下でも買えるけれど…年間数千本を試着する“プロ”が20万円の高級品を愛用する「納得の理由」
2023/11/06

先日、話題となった岸田首相のメガネは、リンドバーグのもので、10万円だとされる。ただし、遠近両用レンズを入れれば実際はもう少し高価になるかもしれない。一般的には上質なフレーム+遠近両用レンズで10万円近くになることもあるが、価格差の要因は素材、製造方法、作業工程数、製造ロット、ブランドの価値などである。メガネは価格だけでなく、快適な視界や装飾的な要素も重要であり、レンズの性能も大きな差がある。例えば、私はツァイス製のレンズを使用しているが、価格に相応の品質と機能性があり、快適な視界を提供してくれる。メガネは毎日使うものなので、快適さや品質にこだわることは価値があると

AD