「人生を壊された」ネットカフェ32時間立てこもり裁判 人質女性の「恐怖」と被告の“不満”
2023/10/31

去年6月、さいたま市のインターネットカフェで女性従業員を人質に取り立てこもった林一貴被告(41)が逮捕監禁致傷などの罪で起訴され、その公判がさいたま地裁で行われた。林被告は一部起訴内容を否認し、捜査員が投降を説得しながら人質の安否確認を行い、60回に及ぶやり取りがあった。被告人質問では林被告が犯行動機や手段を説明し、被害者の女性が証言し、検察側は懲役20年を求刑した。弁護側は情状酌量を求め、判決は今月20日に言い渡される予定。

AD