「世界から取り残されてしまうのではないか…」経済停滞が続く日本と海外企業の“経営技術”の“圧倒的な差”とは?
2023/10/31

ジェフ・ベゾス氏は、日本の経営から多くを学んでいるが、日本企業はGAFAMに肩を並べるような世界的企業を育てていない。日本は、コンセプト化の力や日本の経営技術を信じる力に負けている。日本の産官学には、悲観論や自虐的な雰囲気が蔓延しており、海外のコンセプトを追いかける一方、アメリカをはじめとする世界は日本の経営技術を狙っている。日本は、独自性と多様性を持つことで世界から注目されることを目指すべきであり、日本発の経営技術を世界に発信する必要がある。筆者も日本独自の研究をしながら海外に発信しており、日本の独自性を追求することが重要である。将来的には、日本の経営技術をもとにしたコンセプトが世界中で学ばれることになるだろう。

AD