EV投資の撤退が相次ぐ!? 世界的メーカーが生産拡大の延期を発表へ
2023/11/22

新型コロナ禍を乗り越え開催されたジャパンモビリティショーでは、約111万人の来場者を集め、日本の自動車ファンの存在が示された。多くの自動車メーカーがEVに注力する中、ホンダはGMとのEV共同開発を中止し、補助金頼りのEV販売下では採算性が見込めないと判断した。また、中国製EVの台頭が問題視され、EUでは中国メーカーの補助金調査を開始している。さらに、テスラやGM、フォードなど多くのメーカーがEVの将来性に警戒感を示し、そのトレンドが崩壊しつつあると指摘されている。次世代自動車の主流がEVになるかはまだ判断できない。

AD