長年の病で自力で瞼も開けられない母が、娘にかけた感動的な言葉に涙・・・!!!
2023/11/26

母親がパーキンソン病にかかり、もう自力で瞼をあけることも困難になるほど大変な状況の中、娘が病院から帰宅する旨を声掛けると、いつも精一杯ふりしぼって「きをつけて」と伝えてくれることから、自分がどんな大変な状況でも子どもを一番に心配しているということが伝わるお話でした。
いつも何気なく聞いている親からの心配の言葉も、一つ一つとっても気持ちがこもったものだということに改めて気づかされますね。

AD